Kinda Dukish (かいんだ・でゅ~きっしゅ)

「デューク・エリントンの世界」別館。エリントンに関することしか書いてません。

ジョン・ゾーンのMASADA、Spotifyで全部聴けるんです。

ちょっと興奮状態で書いてます。 ジョン・ゾーンのMASADA、いつから Spotify 解禁になったんですか! 1から10まで、全部聴けるじゃないですか! 76年代生まれの人間にとって、「ジョン・ゾーン」は大きな存在だ。 ジャズ全盛期のフリー・ジャズの文脈、また…

【追悼】柴田浩一氏

コロナ禍でジャズ・ミュージシャンの訃報が続きます。 ウォレス・ルーニー、リー・コニッツ、バッキー・ピザレリ、エリス・マルサリス。 マッコイ・タイナー……は新型コロナとは関係ないようですが、ハル・ウィルナーの死には衝撃を受けました。エリントン・…

droloの特長と、サックス・エフェクトをかける際の重要事項。ーARAKI Shin 氏に訊く、ドローロ(drolo)の可能性。(2)

サキソフォン奏者ARAKI Shin氏へのインタビュー後半。今回は、いよいよ drolo / エフェクトの具体的な話です。 サックスにエフェクトを使う場合の基本にして重要な考え方についても。

サックス・エフェクトの新たな地平。ーARAKI Shin 氏に訊く、ドローロ(drolo)の可能性。(1)

前回の続きです。 サックス奏者にして作曲家、アンビエント・ミュージシャンのARAKI Shin氏へ、管楽器のエフェクターに関するインタビューが実現。管楽器奏者がエフェクターを使うことの意味、drolo / Effects というエフェクターの特性について、有益な話を…

ARAKI Shin presents 「drolo」。

前回の続きで、今回も管楽器のエフェクターについて。 結論を先に述べると、今回は、 日本人初の北欧エフェクターメーカーである Droloの公式アーティスト、ARAKI Shin の紹介です。 前回は金管楽器のエフェクターについて書きました。 今回はサックスのエフ…

プランジャーミュートは「古くて新しいエフェクター」なんです。

なんだかんだで、3月は忙しい時期です。 エリントンとザヴィヌルについてのまとめも終わり、年度代わりのもろもろの更新と合わせて整理をしていたら、この音源を見つけました。 突然ですがみなさん、この音源、聞いたことありますか? このトランペット、ち…

エリントンとザヴィヌル、最後。(DE-JZ その14)

長かったグラサーのこの本の概観、 ようやく終わりを迎えることができました。 引用ばかりでしたが、続くことなんと14回。長かったなあ。 ザヴィヌル―ウェザー・リポートを創った男 作者:ブライアン グラサー 発売日: 2003/10/01 メディア: 単行本 この本は…

バンド・リーダーとは。(DE-JZ その13)

今回の内容は、バンド・リーダー必見。 特に、運営に悩めるリーダーに読んでほしい内容です。 といっても、ザヴィヌルは典型的な「トップダウン型」。フロイト派が喜んで分析対象とするようなファルス支持者です。 いろいろ批判もあると思いますが、成果とい…

ザヴィヌル、シンセサイザー讃賞。(DE-JZ その12)

ザヴィヌルとエリントン、佳境に入ってまいりました。 今回は「シンセサイザー讃歌」とでもいうべき内容です。 そういえば、管理人が敬愛するエリントン研究者、加藤総夫氏が、「エリントンが現在生きていたなら、「コンピュータ・ミュージックの打ち込み魔…

ウェザー・リポート始動。(DE-JZ その11)

エリントンとザヴィヌルの関係、続きです。 アコースティック時代からエレクトリック、ウェザー・リポート時代へ。 おもしろいことに、WR時代の方がエリントンとの「近さ」を感じることができるんです。

あなたが聴いている『パリコン』の「Perdido」、本当に『パリコン』の「Perdido」ですか?

ご無沙汰してます。 ザヴィヌルとエリントンの関係について始めたはいいものの、予想通りというか、その迷宮の深さに身動きが取れなくなってしまった管理人の satoryuh です。 いや、本当は公私の生活がバタバタしておりまして、なかなかエリントンの世界に…

ザヴィヌルとベン・ウェブスター、その共同生活。(DE-JZ その10)

再びエリントンとザヴィヌルについて。 今回はエリントンと、というよりもエリントニアンとのエピソードです。 あ、出典はやっぱりグラサーのこの本です。 この本、本当に誰かに話したくなるエピソードばかりです。 出版関係者のみなさま、「ジャズ初心者の…

「来日したブルース/R&Bアーチスト」『季刊ジャズ批評44号』(1983年)

前回の続き。 『季刊ジャズ批評44号』(1983年)に、「来日したブルース/R&Bアーチスト」の写真が掲載されていましたので、挙げておきます。 しかし、ほとんど知らないミュージシャンばかり。ブルースはまだまだ不勉強です。 James Carr & Otis Rush Lee Al…

阿部克自インタビュー。『季刊ジャズ批評44号(昭和58年 1983 No.1)』

ご無沙汰しております。 部屋の整理にあたり、また面白い本を発掘しましたので、その内容を引いておきましょう。エリントン、エリントニアンに関するところだけです。 季刊ジャズ批評44号(昭和58年 1983 No.1) 特集 黒人雑学事典 【対談】いま ハーレムは …

まるでストレイホーン。 エリントンとザヴィヌルをつなぐ「Come Sunday」。(DE-JZ その9)

今日の記事はエリントンとザヴィヌルの関係の核心です。 少なくとも管理人はそう考えていて、この出来事があったからこそ、ザヴィヌルは終生エリントンのことを考え続けていたのではないでしょうか。 例によってグラサーのこの本からの引用です。 ザヴィヌル…

「2種類の音楽」(エリントン)の引用について、少しだけ補足を。

先日、あまりにも有名なエリントンのあの言葉についての記事を書きました。 この記事についていただいたコメントの中に「もっと詳しく!」という要望があったので、今日はそれに答えようと思います。確かに、それももっともな意見だなあ、と。 わたしはやっ…

「世の中には2種類の音楽しかない。いい音楽と、そうでない音楽とだ」(D.E.)

世の中には2種類の音楽しかない。いい音楽と、そうでない音楽とだ。 さまざまな場面で引かれる、あまりにも有名なエリントンのこの言葉。 今日はその出典を示しておきましょう。 ダブルカフスに注目。 世の中には2種類の音楽しかない。いい音楽と、そうで…

ダイナ・ワシントンからキャノンボール・アダレイへ(ザヴィヌル)(DE-JZ その8)

グラサーの本の続きです。 やっぱりこの本、おもしろいですよ。再販しないかなあ。 ザヴィヌル―ウェザー・リポートを創った男 作者: ブライアングラサー,小野木博子 出版社/メーカー: 音楽之友社 発売日: 2003/10/01 メディア: 単行本 クリック: 2回 この商…

ザヴィヌル、アメリカに渡りエリントンをみかける。(DE-JZ その7)

さて、エリントンとザヴィヌルの関係に戻りましょう。 ザヴィヌルのことを知るには、この本がいいです。 約20年前、ザヴィヌルの生前に出た本で、訳書もその2年後に出版されました。 訳書の出版の早さが、この本の重要性を物語っています。 ザヴィヌル―ウェ…

安価でエリントン作品群を買うなら、こんな方法もあります。

ザヴィヌルの話は少し横において、今回はエリントンのCDを安く手に入れる方法について書こうと思います。 この音楽配信が主流となりつつある時代において、いまさらCDの買い方の紹介もないだろうとは思いますが、これからエリントンを聴こうと思う人にとって…

「阿川泰子とエリントンを語る」(岩浪洋三氏)

うわ。 またすごいのがでてきました。 マイルス狂の友人へのプレゼント、と思ってブックオフで買ったスイングジャーナルのバックナンバー。 その後、関西から東へと転勤になった友人はもうずっと戻ってきません。渡す機会も少なそうだから、と思って、捨てて…

エリントンとザヴィヌル(その6)

tas1014さんのコメントまとめ、最終回です。 まずは、tas1014さんのコメントへのわたしの返事を。 いつも丁寧なコメント、ありがとうございます。 …というかtas1014さん、もはやこれはコメント欄に留めておくのは勿体ない内容ですよ! エリントンの『My Peop…

「My People」をめぐる解釈。 エリントンとザヴィヌル(その5)

一連の tas1014さんによるコメントのまとめ。 というか再掲です。今回のコメントはひとつのピークと言えるでしょう。 解説も必要ない達意の文章なので、言及されている資料のリンクを示す程度に留めます。 確かに、エリントンとザヴィヌルの関係を考察するに…

エリントンとザヴィヌル(その4)

エリントンとザヴィヌルの続き、(その4)です。 tas1014さん の素晴らしいコメントに答えてのわたしの返答を。 tas1014さん 「周知の内容」ではないと思いますよ~(笑)。いつものことながら丁寧なご紹介、ありがとうございます。エリントン/ザヴィヌル…

『Re-discovered Ellington』について、もう少しだけ。-エリントンとザヴィヌル(その3.75)

日常がバタバタしておりまして、更新が滞っておりました。 ぼちぼち復活します。 今日はその予告編程度の内容です。 前回、WDR(Westdeutschen Rundfunk)ビッグバンドの『Rediscovered Ellington』について触れました。 Rediscovered Ellington: New Takes …

WDRのエリントン・トリビュート!? エリントンとザヴィヌル(その3.5)

エリントンとザヴィヌルに関して、ここで少し寄り道して、前回記事の補足を。 tas1014さんが言及された2枚の作品についてみておきましょう。 1枚めはこれ。 Ellington Loverなら、その作品名だけで聴いてみたいと思わせる作品。 WDR Big Bandによる『Redis…

『My People』のサンプリング、その元ネタについて。エリントンとザヴィヌル(その3)

エリントンとザヴィヌル、その3。ザヴィヌルの『My People』の冒頭で引かれているエリントンの語りと、その元ネタについて。

ザヴィヌルのエリントンへのこだわり。エリントンとザヴィヌル(その2)

前回書いたように、しばらくエリントンとザヴィヌルについて書きます。 その経緯を説明すると、わたしが何となく触れた、ウェザー・リポートの「Rockin'in Rhythm」についての記事。この記事についてのtas1014 さんからのコメントが始まりです。 いよいよジ…

エリントンとザヴィヌル。その影響関係と距離感。(その1)

今回の記事から数回にわたって、エリントンとザヴィヌルの関係をまとめておこうと思います。このエリントンとザヴィヌル問題は奥が深い。わたしは、エリントンについて考えることは「ジャズ」について考えることと同義だと思っていますが、同様のことはザヴ…

武満徹も生で聴いた、アリス・バブスの Second Sacred Concert の完成度。

晩年のエリントンのライフ・ワークとなった「Sacred Concert」。今回はその第2期です。武満徹も留学中に生で聴いたこのプログラム、アリス・バブスの参加もあって、実に聴き応えのある作品なんです。