Kinda Dukish (かいんだ・でゅ~きっしゅ)

「デューク・エリントンの世界」別館。エリントンに関することしか書いてません。

エリントン・ナンバー

『ジャズ詩大全(1)』 前回の補足です。

前回、「Don't Get Around Much Anymore」について、『ジャズ詩大全(1)』を参考にして歌詞の面から書きました。 今回はその補足。 「Don't Get Around Much Anymore」(Never No Lament)は、作曲はもちろんエリントンですが、これに歌詞をつけたのがボブ…

「Don't get around much anymore」は、エリントンのファッツへのオマージュ、ですよね?(『ジャズ詩大全』から)

「Don't get around much anymore」は、エリントンのファッツの「Ain't Misbehavin'」へのオマージュでしょ? という話です。あと、『ジャズ詩大全』、勉強になりますよ、という話。

『ジャズ詩大全』、面白いですよ。

ご無沙汰しております。 気づいてみると、最後に投稿した記事は6月のSpotify の MASADA の記事ですか。 ……3ヶ月も前!? いや、だらだらしてたわけじゃないんですけど、この間は公私ともにバタバタしておりまして。。。 しかし、もちろんエリントン研究を怠…

色気の無い「Something To Live For」。(Steve Lacy『Evidence』)

ソロ4作目である本作『Evidence』におけるエリントン。しかし、このカバーの仕方はエリントンの再解釈というか、むしろその魅力を解体しているかのような演奏なのです。

WEATHER REPORT、『ROCKIN' IN RHYTHM』カバーの意図。

WEATHER REPORT、というかザヴィヌルがエリントン『ROCKIN' IN RHYTHM』をカバーした意図について。

エリントンを仰ぎ見るタケミツ、その後を継ぐサイモン・ラトル。

武満徹とエリントンについて、とりあえず最後。エリントンに師事しようとしたが断念した話とか、現地アメリカでエリントンのコンサートに足を運びながらも面会することなく帰ってきた話など。

クリフォード・ジョーダン plays 「Sophisticated Lady」。

小川隆夫氏のジャズマン・インタビュー集から。Clifford Jordanが「ソフィスティケイテッド・レディ」をカバーしてますよ。

「印象派エリントン」 -瀬川昌久 presents デューク・エリントン。(04)

瀬川昌久氏によるエリントン・サウンドの紹介も今回でいよいよ4回目。今回は、俗に「印象派」と評されるサウンドの紹介。

ペペ・トルメント・アスカラール『戦前と戦後』における「A列車」。菊地成孔氏のインタビュー抜粋。

そういえば、ペペ・トルメント・アスカラールの『戦前と戦後』、最後に「A列車」の引用があったような。 そう思い、『Jazz JAPAN』(2014年4月、vol.44)を読み返す。 JAZZ JAPAN (ジャズジャパン) Vol.44 出版社/メーカー: シンコーミュージック 発売日: 20…

小西康陽 Digs エリントン。(3)

3回続いた小西康陽とエリントンの関係もとりあえずこれで終わり。いい加減飽きてきた…。

小西康陽 Digs エリントン。

小西康陽氏とエリントン(とakiko)について。とりあえず、小西氏のお気に入りは『First Time!』だそうです。/小沢健二の『流動体について』が話題を集めている。

ソプラノ侍 loves デューク。

オンリー・ワンのソプラノ吹き、スティーブ・レイシーにおけるエリントンの影響についまとめました。モンクほどわかりやすいものではありませんが、レイシーはエリントンからも強い影響を受けています。特にその最初期と晩年の音楽活動にあたってはエリント…

必聴だけど混乱必至。「ドルフィーの」エリントン・カバー。

もはや「ドルフィーのエリントン曲集」と言ってしまってもいいこの作品には、制作・発売・ジャケットなど、非常にややこしい経緯があります。混乱してませんか?

美輪明宏、デューク・エリントンを語る。

美輪明宏とエリントン・・・別に大したこと言ってないんだけど、この組み合わせが面白かったので引いておく。 「ニワトリではなく、魚が産卵するように曲を作る」という言い回しは面白い。

ジミー・スコットによる「ムード・インディゴ」。

ジミー・スコットが「ムード・インディゴ」をカバーしていた。 コンボとギター1本のアレンジの2テイクを収録。 スコットは先天性のホルモン異常に起因するカルマン症候群のために男性にしてアルトの音域。しかしその独特のサウンドがエリントン曲に合う。 …

ビル・エヴァンスの「In a Sentimental Mood」

ビル・エヴァンスがエリントン・ナンバーをカバーするのは珍しい。 この日演奏したのはスタンダード曲が多いので、ついでに取り上げた、という感じだろう。特にエリントン曲であることは意識してなかったのでは。 ライブ・アット・トップ・オブ・ザ・ゲイト …

ジャズ・ミュージシャンは『Monk Plays Duke Ellington』を愛する。

モンクはエリントンと並ぶ「ミュージシャンズ・ミュージシャン」。モンクのことを悪く言うミュージシャンを聞いたことはない。そのモンクがエリントンをカバーしたこの作品、ジャズ・ミュージシャンが愛さないはずがない。

穐吉敏子、2000年代のエリントン・カバー。

穐吉敏子氏、達者である。 数年前も大阪、高槻のジャズストリートにされていた(第10回、2008年。ちなみに同フェスへの出演回数は3回、5回、8回、10回の延べ4回)。女性の年齢に関する話は失礼にあたるので具体的な表現を避けるが、1929年生まれの彼女、まだ…

Such Sweet Thunder 解題。「甘い稲妻」の正体とは?

エリントンのシェイクスピア組曲、『Such Sweet Thunder』。「青いイナズマ」ならぬ「甘い稲妻」とは何のことか。または福田訳 vs 小田島訳。

ホレス・シルバーによる意外なエリントン・カバー、「Prelude to A Kiss」。

隠すことはない。 あなたもこのポーズをマネしたことがあるはずだ。 ホレス・シルヴァー・トリオ&アート・ブレキー、サブー アーティスト: ホレス・シルヴァー,パーシー・ヒース,ジーン・ラミー,カーリー・ラッセル,アート・ブレイキー,サブー 出版社/メーカ…

セッションの題材としてのcaravan。上原ひろみと綾戸智恵。

セッションの題材としてのcaravan。上原ひろみと綾戸智恵。

若き日の「スカパラ」と「ソリブラ」のcaravan。

スカパラとソリブラによるcaravan。2つともデビュー当時の録音です。

Sopphisticated Lady のカバー。ジャコからクリスチャン・マクブライドへ。その源流はミンガス?

ソフィスティケイテッド・レディは、ムード・インディゴと並んでベーシストによくカバーされる。その理由とは?

ブラウニーのAトレ。

・Clifford Brown & Max Roach, 『Study In Brown』, 1955 STUDY IN BROWN アーティスト: CLIFFORD BROWN 出版社/メーカー: IMS 発売日: 1999/01/16 メディア: CD 購入: 3人 クリック: 12回 この商品を含むブログ (26件) を見る 「ジャズ・スタンダード名演…