読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kinda Dukish (かいんだ・でゅ~きっしゅ)

「デューク・エリントンの世界」別館。エリントンに関することしか書いてません。

『デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン』の村井康司評

リンク元「デュークエリントンの世界」「05 交流・影響関係」「ジョン・コルトレーン」

 

村井康司氏による『デューク・エリントンジョン・コルトレーン』評を引いておく。

 

読んでから聴け!ジャズ100名盤 (朝日新書 85)

読んでから聴け!ジャズ100名盤 (朝日新書 85)

 

 

デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン

デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン

 

 

誠実で真摯なコルトレーンを優しく包む「慈父」エリントン

 デューク・エリントンの「大きさ」というのは、われら凡人には計り知れないところがある。生涯に千を超える曲を作り、自分のビッグ・バンドのために編曲を毎晩のように書き直し、フリー・ジャズまでを包含してしまうような過激な響きを平然と奏で、それでもバンドはごきげんにスウィングして、広い層の聴衆を楽しませた男、エリントン。彼はジャズという音楽の懐の深さを象徴する人物であり、ここでもコルトレーンをゆったりと包み込んで、余裕たっぷりに音楽を楽しんでいる。尊敬するエリントンを前に、コルトレーンはややおずおずと、しかし能うかぎり誠実かつ真摯にサックスを吹く。《イン・ア・センチメンタル・ムード》はエリントン・バンドではアルト・サックスのジョニー・ホッジスの十八番だが、つややかでエロティックなホッジスとは対照的に、コルトレーンのテナーは音色も節回しもストレートで簡素だ。その朴訥な演奏を慈しむように、「ちゃららららんらん」というリフレインを繰り返すエリントンのピアノ
は、まさに「慈父の愛」そのもの。続く《テイク・ザ・コルトレーン》は、この時期のコルトレーンが得意としたタイプの、モード的なリフをもつブルース。しかし驚くことに、この曲はエリントンが作者。エリントンの器の大きさに改めて畏怖心を抱いてしまう。
 リズム隊はエリントン・バンドとコルトレーン・カルテットから4人が参加しているが、特筆すべきはエルヴィン・ジョーンズのプレイだ。細かいスネア・ドラムの連打、マレットによるタムタム打ち、8分の6拍子と4拍子が混在したポリリズムなどといった得意技を、エルヴィンはエリントンのピアノを邪魔しないように細心の注意を払って繰り出している。それがじつにエリントンの演奏にフィットしていて、エルヴィンを迎えたエリントンのピアノ・トリオ作なんて企画もありだったのに、などと夢想してしまうのだ。 (76-77頁)

 「お互い、節度を守った演奏に終わった」というオーソドックスな評価はまったくそのとおり。

 

 エルヴィンとエリントンの共演の可能性については、以前 日めくりエリントン でもツイートしたとおり、一時的にエルヴィンはエリントン・オケに参加していたことがある。残念がら短期間で終わったため、2人にとって音楽的な発展はなかったようだ。

 

エリントンとポリリズムの関係を考える時、管理人はいつもこのエルヴィンとの共演の可能性を思い出す。メロディとハーモニーに関しては20世紀を代表するほどの作品を残したエリントンだが、リズムに関してはそれほどまでの才能を発揮することはなかったように思われる。

 

エリントン自身は民族音楽、特に「アフロ」について繰り返す言及するが、音楽的にはそれほどアフリカに接近していたとは思えない。つまりは変拍子ポリリズムについては極めて凡庸であり、それもまたエリントン・ミュージックの特徴といえるだろう(もうひとつの特徴はコード進行の凡庸さ。ハーモニーの特異性に比べて、エリントン・ナンバーのコード進行は実にオーソドックス。だからこそ変態的なハーモニーが際立つとも言えるが、単調なコード進行に複雑な和音を載せる、というアイデアはマイルスによる「モード」の採用に影響を与えただろうし、さらにいえば上モノをどんどん変化させて曲を作っていくクラブ・ミュージックの手法にもつながるはずだ)。

 

アフロ・ボッサ
 

 アルバム名の「アフロ・ボッサ」はもちろんボサノバを意識してつけたものだろうから、この作品なんかはさしずめ「アフリカ的傾向」くらいの意味になるが、どちらかというとアフリカより南米だ。それも日本のムード歌謡が連想するような。

おそらく、「アフロ・アメリカンが演奏するボサノバ」、「アフリカンなボサノバ」程度の意味で付けられたタイトルなのだろう。ヘンなパーカッションが色々使われてます。

 そういえば、エリントンにはこんな作品もある。

A Drum Is a Woman

A Drum Is a Woman

 

「A Drum Is A Woman」…!

これなんて素晴らしすぎるタイトルだけど、タイトルから連想されるアフリカらしさは薄い。形式はナレーション付音楽劇とでもいうべきもので、この作品全体で「マダム・ザジ」の物語が語られる(ちなみに、ナレーションはエリントンと息子のマーサー)。

 

極東組曲(Far East Suite)でも「DEPK」など、変拍子を意識した曲もあるが、総じて、エリントンがポリリズムに積極的だったとは考えられない。

極東組曲

極東組曲

 

 つまるところ、エリントンはポリリズムにあまり関心がなかったのだと思う。

エリントンが得意とする組曲形式を生み出した西洋音楽は、菊地成孔的に言うならば「積分的に」変拍子を作る傾向があり、変拍子を「微分的に」作るのは、エリントンにとってはあまりエレガントな感覚ではなかったのかもしれない。

 

だからこそ、村井氏が指摘するように、ポリリズムが服を着て歩いているようなエルヴィンによる刺激は大きな可能性を秘めていたのではないか、と思うのである。

もっとも、単に「相性、合いませんでした」で終わる可能性もある。というかこっちの可能性が大きいか。。。