Kinda Dukish (かいんだ・でゅ~きっしゅ)

「デューク・エリントンの世界」別館。エリントンに関することしか書いてません。

デューク・エリントン

「2種類の音楽」(エリントン)の引用について、少しだけ補足を。

先日、あまりにも有名なエリントンのあの言葉についての記事を書きました。 この記事についていただいたコメントの中に「もっと詳しく!」という要望があったので、今日はそれに答えようと思います。確かに、それももっともな意見だなあ、と。 わたしはやっ…

「世の中には2種類の音楽しかない。いい音楽と、そうでない音楽とだ」(D.E.)

世の中には2種類の音楽しかない。いい音楽と、そうでない音楽とだ。 さまざまな場面で引かれる、あまりにも有名なエリントンのこの言葉。 今日はその出典を示しておきましょう。 ダブルカフスに注目。 世の中には2種類の音楽しかない。いい音楽と、そうで…

ダイナ・ワシントンからキャノンボール・アダレイへ(ザヴィヌル)

グラサーの本の続きです。 やっぱりこの本、おもしろいですよ。再販しないかなあ。 ザヴィヌル―ウェザー・リポートを創った男 作者: ブライアングラサー,小野木博子 出版社/メーカー: 音楽之友社 発売日: 2003/10/01 メディア: 単行本 クリック: 2回 この商…

ザヴィヌル、アメリカに渡りエリントンをみかける。(DE-JZ その7)

さて、エリントンとザヴィヌルの関係に戻りましょう。 ザヴィヌルのことを知るには、この本がいいです。 約20年前、ザヴィヌルの生前に出た本で、訳書もその2年後に出版されました。 訳書の出版の早さが、この本の重要性を物語っています。 ザヴィヌル―ウェ…

安価でエリントン作品群を買うなら、こんな方法もあります。

ザヴィヌルの話は少し横において、今回はエリントンのCDを安く手に入れる方法について書こうと思います。 この音楽配信が主流となりつつある時代において、いまさらCDの買い方の紹介もないだろうとは思いますが、これからエリントンを聴こうと思う人にとって…

「アナタヲ・アイスル」なエリントン70歳記念コンサート。

エリントン、70歳のバースデイ・コンサート。ただ、雰囲気は祝祭というよりも「お父さん、いつもありがとう」なホームパーティです。ホッジスもまだ健在です。

エリントン、第1回目のSacred Music。

後期エリントンの民族音楽解釈の一サンプル、そしてルイ・ベルソン・フィーチャー作品として聴くと、新たな発見がある1枚です。ジャケットもいいですよ、珍しくエリントンのアップじゃないから、LPで飾ってもインテリアの邪魔にならないんです。

サッチモ/エリントン・セッションの文献学的整理と、チル・アウトとしての「Azalea」の素晴らしさ。

サッチモとエリントンのセッションについては、やはり野口久光氏のコメントを前に紹介しました。今回はその続きです。 サッチモ=エリントンに再会 ルイ・アームストロング、デューク・エリントン(Roulette) The Great Reunion [12 inch Analog] アーティ…

ご無沙汰しております。そろそろ、再開しようかと。

みなさん、ご無沙汰しております。 「かいんだ・でゅ~きっしゅ」管理人のsatoryuhです。 このブログ、長いこと更新していませんでした。ブログだけでなく、本館サイトとツイッターもほぼ不動状態でして、大丈夫? 生きてるの? なんて問い合わせを頂いたこ…

エリントンへの強い気持ち・強い愛。『ゲイリー・バートン自伝』02

前回に引き続き、重度のエリントンLoverであるゲイリー・バートンの自伝から、そのエリントンへの強い愛について。みんな、バートンの前でエリントンの悪口は言わないように。

『ゲイリー・バートン自伝』 読書感想文に薦めたい本。

重度のエリントン Loverであるゲイリー・バートンの自伝について(その1)。「エリントン・エリントニアン」本としてはもちろん、「ジャズ本」「性的少数者」の本としても興味深い。好著です。

野心作にして問題作、『A Drum Is A Woman』から見えてくるもの。(野口久光評のその先へ)

テレビ史上、初めて「全キャストがアフロ・アメリカンで構成される」生放送の初の「ジャズ活劇」ということで、話題となったこの作品。野心作なのは確かですが、はたして成功作なのでしょうか?

安原顕、再び。『上野桜木ジャズ日記』

やあ、マスター。また来ちゃったよ。 この前は愚痴ばっかりで耳を汚しちゃってごめんね。 間違ったことは言ってないと思うけど、やっぱり悪口とか愚痴って、聞かされる方は楽しいものじゃないからね。 今日はその後の報告、みたいな感じかな。 寺島靖国氏と…

藍公爵の第42回忌。「俗」なエリントンを悼む。

1974年の今日、5月24日は、エドワード・ケネディ・「デューク」・エリントンの命日だった(Edward Kennedy "Duke" Ellington 1899-1974, 享年75歳)。 1899年に生まれた公爵の人生は、そのままアメリカの大衆音楽史に重なる。しばしば「ジャズの父」と称され…